「吉相墓」のご案内

分家「吉相墓

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)

氏のある者は一定の墓所を必要とします

 分家には分家のお墓が必要です「本家の墓を参っているから、いらない」のではありません。死者が出る前に分家の供養塔を建立して下さい。死者がなくても、ご先祖様をお祀り供養します。
切花は枯れますが、根の有るものは持続します 。分家初代はご先祖様に報恩感謝し、分家の墓を建立して、ご先祖様を供養し、家の根として永続して行くための土台を固めて行かなければなりません。
 資金が少なければ木枠で木標から建墓し、未来地を確保して下さい。
家を建てる前には家庭のお墓を建てて下さい。お墓を先に建てなければ上手くたちて行かないことがあります。
分家初代は運命的に弱く、夫・妻・長男のいずれかが欠ける事が多く、それを防ぐためには分家としての、家庭のお墓が必要になります。

徳風会吉相墓(竹谷式吉相墓)

分家と本家が同じ墓

 生前に自分の墓を建立するのを「寿陵(じゅりょう)」といいます。 「墓相」では、自分で自分の墓を建てるのは「子孫がいらない形」と観て、子孫に良くない相です。
 「墓相」では生前に「先祖の供養塔」を建立し、「未来地=自分の墓の建立予定地と、子や孫のための広い墓地。」を子孫に与えて、「家の根」として先祖を供養します。
 「吉相墓」は、「過去『先祖』と、現在『自分』と、未来『子孫』」で成り立っています。お墓詣りは先祖に会いに行くのであり、「先祖の供養塔」を建立して、自分が先祖を供養する事を子に見せ、自分が亡き後は子が「親の墓 (父母の石塔)」を建立して、自分がしたように子が先祖と自分に会いに来て、「家の根」として供養するのです。

「吉相墓」は、先祖と自分と子孫のための「未来地の墓」
 


分家「吉相墓」 分家予定者・分家初代が先祖を祀り、自立する墓

分家「吉相墓」

[分家初代・木枠]
 
先祖供養塔の五輪塔。
 分家として先祖を祀り、自立して行きます。
 未婚や予算がない場合は木枠にして、自立する力を養います。結婚した時や、資金が出来た時に石枠にして下さい。

 分家「吉相墓」
 


分家「吉相墓」 分家初代が先祖を祀り、家の根とする墓

分家「吉相墓」

[分家初代・一重枠]
 
先祖供養塔の五輪塔。
 家庭に死者がなくても、先祖を祀ることによって、家の根としての土台を固めて行きます。
 墓相では家を買う前に、墓の建立が吉です。

分家「吉相墓」
 


分家「吉相墓」 分家初代の子供が逆死して建立する墓

分家「吉相墓」

[分家初代・一重枠]
 
先祖供養塔の五輪塔・子供の地蔵墓。
 子供の逆死があってから、墓を建立した形。
 墓相では、死者が発生する前に、家庭の根として先祖供養塔の建立をお勧めします。

分家「吉相墓」
 


分家「吉相墓」 分家初代の父が亡くなり建立する墓

分家「吉相墓」

[一重枠]
 先祖供養塔の五輪塔と、父の代々墓。
 分家初代の父が死んで家庭に墓がなく、分家墓を子が建立する形。
 竿石の左側に、母を赤字(生前)で刻入する方法もある。

分家「吉相墓」
 



木枠と木票から 「吉相墓」建墓の方法もあります

 予算が不充分な場合は、木枠で広い墓地を確保し、段階的に石にして行きます。

竹谷式吉相墓
五輪塔で石の先祖供養塔と木票の子供、木枠

子供を石塔に 竹谷式吉相墓

石の枠に 竹谷式吉相墓

PC | Smartphone

「吉相墓」のご案内
copyright©2013 Yasunori. All rights reserved.